WiFi

【ポケットWiFi】ギガゴリWiFiの3つのプランを比較してみた

ギガゴリWiFiが使えている状況

ここ1年くらい、ポケットWiFiでは「○○WiFi」という名称の事業者がたくさん出てきました。

また、「○○WiFi」では通信障害やルーター端末が届かない という不具合の報告もちらほらと見かけます。

そうした中、どの「○○WiFi」を選べば良いのか、いろいろな意見が飛び交っています。

<2020年5月13日 追記>

2020年5月5日〜5月13日 スマホを見てると、何件か『ギガゴリWiFi』を使われている方の通信速度レポートが掲載されていましたので追記いたします。

まずは、比較的ネガティブな情報が掲載されやすいツイッターによるレポートから・・・

ダウンロード速度:10〜15Mbps(1件)

         5〜10Mbps(4件)

         1Mbps以下(15件)

次に、単純に通信速度を計測した「みんなのネット回線速度」に掲載されていたレポートより・・・

ダウンロード速度:40Mbps以上(2件)

         35〜40Mbps(2件)

         30〜35Mbps(1件)

         20〜25Mbps(2件)

         15〜20Mbps(2件)

         10〜15Mbps(5件)

         5〜10Mbps(8件)

         1〜5Mbps(3件)

         1Mbps以下(11件)

※これらの値は地域やネットワークの混雑状況(時間帯にもよります)などによっても変わります。

 →先月くらいまでは多くの方がYouTubeのフルHD動画(1080p)を再生しても問題ないレベル(5Mbps以上)でした

 →今月に入ってからは1Mbps以下の方がかなり増えています。

 →ネガティブな情報を挙げておきます。

 通信速度が遅い(通信障害)

 土日になると遅い

 サポートに電話がつながらない

 実は100GB使用すると速度制限がかかる?

 最初の数日間は速かったけれど・・・

 3大キャリアと全然つながらない

→在宅作業者が増えた影響か、ギガゴリWiFiを含むクラウドSIM系WiFiで速度が不安定な(かなり遅い)状況にあると思われます。

ネガティブな情報もありますが、ギガゴリWiFiの契約者すべてが同じ状況下にあるというのも考えにくいです。

ただ、当サイトとしましては、少なくとも現在不安定な状況にあるクラウドSIM系WiFi全般について、自信をもってオススメできるとは言えません

「ギガゴリWiFi」の「ワールドプラン」(データ量無制限のプラン)も、2020年5月14日の時点で、新規受付を一時停止しているようです。

経緯としては、リモートワーク等により通信量が増大し、それに対する設備の増強を優先させるためだそうです。

完全無制限で3大キャリアとつながると言われているクラウドSIM系WiFiを考えられている方は、もう少し状況が安定するのを待たれては如何でしょうか?

急いで契約して、実際に届いてみると通信速度が遅すぎて使えない、では困ると思います。

クラウドSIM系WiFiを検討されている方は、

 3日間で10GBの容量制限がある

 広い屋内でつながりにくいことがある

という理由で、WiMAXを敬遠されている方も多いかと思います。

ただ、急いでクラウドSIM系WiFiと契約するよりも、状況が落ち着くのを待っている間、通信速度が安定したWiMAXもちょっと調べてみておくというのは如何でしょうか。

さて、改めて、当サイトとしては現時点でギガゴリWiFiをオススメできるとは言えません。

ただし、通信速度は地域や時間帯によっても変わります。

以上のことを踏まえまして、当記事のタイトルであります『【ポケットWiFi】ギガゴリWiFiの3つのプランを比較してみた』に沿って、書き進めたいと思います。

「ギガゴリWiFi」にはデータ量通信制限が異なる3つのプランがあります。

 20GBプラン…月間データ量:20GBまで

 30GBプラン…月間データ量:30GBまで

 ワールドプラン…月間データ量:上限なし

今回は、この3つのプランの違いを比較してみたいと思います。

月間データ量の違いは明らかですが、それ以外にもいくつかの違いがありますよ。
フクロウくん
フクロウくん

 

ポケットWiFiとは、本来の言い方をするならば、持ち運び可能なモバイルWiFiルーターのことです。

(正式には「ポケットWiFi」とはSoftBankが提供しているモバイルWiFiルーターの商標です。

 ただ、最近ではモバイルWiFiルーター全般を指す言葉として一般的になっています。)

モバイルWiFiルーターとは、屋外でも無線でインターネットの電波を受信できる機器のことです。

もちろん家の中に居る時でも電波の受信は可能です。

 

ギガゴリWiFi:3つのプランで違っていること

WiFiのマーク

 

月間データ量の違いは明らかですが、その他にも違いがあります。

 契約期間

 解約違約金

 月額料金

 使用するルーター端末

 接続できる電波

などです。

それでは、詳しく説明していきます。

 

契約期間

まずは契約期間ですが、

 20/30GBプラン →1年間

 ワールドプラン →2年間

となっています。

20/30GBプランは1年間の契約で、「2年契約や3年契約はちょっと・・・」という方におすすめです。

あと、契約期間が終了した月に解約を申し出ない場合、20/30GBプランにしても、ワールドプランにしても契約が自動更新されます。

自動更新に関しては、どのプランも同じなんだね。
フクロウくん
フクロウくん

20/30GBプランでしたら、ルーター端末を受け取った月を1ヶ月目として13ヶ月目が契約更新月になり、この月に解約を申し出ないと自動更新されます。

ワールドプランでしたら、ルーター端末を受け取った月を1ヶ月目として25ヶ月目が契約更新月になり、この月に解約を申し出ないと自動更新されます。

 

解約違約金

次は、解約違約金です。

先ほど契約期間について話をしましたが、各プランの契約更新月以外の期間に解約を申し出ると解約違約金を払わなければなりません。

この解約違約金が契約するプランによって異なります。

(契約更新月に解約する場合は、どのプランでも0円です。)

 20/30GBプラン →〜12ヶ月目は18,000円
             14ヶ月目〜は8,000円

 ワールドプラン →いつ解約しても9,000円

となっています。

20/30GBプランは“1年縛り”で契約期間が短いけれど、1年目の解約違約金の額が大きくなってるんだね。
フクロウくん
フクロウくん

 

月額料金

次は、月額料金についてです。

月間データ量が違うんだから、月額料金が違うのは当たり前ですが、20/30GBプランでは契約が長くなると月額料金が変わります。

 20GBプラン →1年目は2,350円
          2年目以降は2,850円

 30GBプラン →1年目は2,650円
          2年目以降は3,100円

 ワールドプラン →ずっと3,460円

20/30GBプランでは2年目以降に月額料金がちょっと高くなるんだね。
フクロウくん
フクロウくん

 

使用するルーター端末

続いては、使用するルーター端末に関してです。

 20/30GBプラン →FS030W

 ワールドプラン →U2s

と使用する端末が異なります。

 

まず、20/30GBプランで使用するルーター端末:FS030Wについてですが、

 下り(ダウンロード)通信速度:150Mbps(※1)

 上り(アップロード)通信速度:50Mbps(※1)

 連続通信時間:約20時間

 サイズ:高さ 約74mm × 幅 約74mm × 厚さ 約17.3mm

 重量:約128g

 同時接続可能台数:15台

ギガゴリWiFiの20GBプランと30GBプランのルーター

出典元:モバイルWi-Fiルーター【GMOとくとくBB】ギガゴリWiFi

 

次に、ワールドプランで使用するルーター端末:U2sについてですが、

 下り(ダウンロード)通信速度:150Mbps(※1)

 上り(アップロード)通信速度:50Mbps(※1)

 連続通信時間:約12時間

 サイズ: 高さ 127 mm x 幅 65.7 mm x 厚さ 14.2 mm

 重量:約151g

 同時接続可能台数:5台

ギガゴリWiFiのワールドプランのルーター

  出典元:【GMOとくとくBB】ギガゴリWiFiワールド

 

連続通信時間も違うけど、同時に接続できる台数も違うんだね。
フクロウくん
フクロウくん

 

(※1)ここで示されている通信速度は理論上の値であって、実使用時の値ではありません。

実際の通信速度は、通信環境やネットワークの混雑状況などによって変化します。

 

以下の記事には、アプリ『みんなのネット回線速度』を利用して「ギガゴリWiFi」を実際に使用している状態での通信速度データ測定(平均)値を記載しています。

 

接続できる電波

最後に、接続できる電波の違いについてです。

先ほど使用するルーター端末の違いについて話をしましたが、それに伴い接続できる電波が異なります。

 20/30GBプラン →SoftBank(4G LTE)の電波

 ワールドプラン →SoftBankの電波だけでなくdocomoやauの電波にも自動切替で接続可能

ワールドプランは大手3大キャリアの電波につながるんだね。
フクロウくん
フクロウくん

 

スポンサーリンク

ギガゴリWiFi:結局、どのプランがオススメなのか?

 

WiFiのマーク

これまで「ギガゴリWiFi」の

 20GBプラン

 30GBプラン

 ワールドプラン

の違いについて話をしてきました。

月間データ量を無制限で使いたいという方は、「ワールドプラン」ですね。

※ただ、「ギガゴリWiFi」の「ワールドプラン」は、2020年5月14日の時点で、新規受付を一時停止しているようです。

次々と新しいサービスが出てくるポケットWiFi業界において「2年契約は長すぎる」と考える方には、「20/30GBプラン」ですね。

こちらの「ワールドプラン」は現在、新規受付をしておりません ↓

 

「2年契約はちょっと・・・」
という方には、こちら ↓

 

また、「ギガゴリWiFi」の通信速度やサポート体制に不安が残るという方は、同時にWiMAX回線も検討されておいては如何でしょうか。

その場合は、以下の記事を参考にしてみてください。

 

ギガゴリWiFiについては、これからも継続調査をしていきます。

 

おわり