WiFi

【ポケットWiFi】WiMAXで利用できる2つのモードについて説明します

WiMAXで利用できる2つのモード

屋外でもインターネットを楽しもうと、ポケットWiFiの一つであるWiMAXを検討されている方もいらっしゃると思います。

私もWiMAXユーザーの一人なのですが、使い始めの頃に、よく分からないことがありました。

「ハイスピードモード」と「ハイスピードプラスエリアモード」の違いです。

この違いについて、よく分からないままWiMAXの契約をしてしまったのです。

 

そうしたことを踏まえて・・・

この記事では、WiMAXを検討されている方に向けて、この2つのモードの違いを説明していこうと思います。

 

ポケットWiFiとは、本来の言い方をするならば、持ち運び可能なモバイルWiFiルーターのことです。

(正式には「ポケットWiFi」とはSoftBankが提供しているモバイルWiFiルーターの商標です。

 ただ、最近ではモバイルWiFiルーター全般を指す言葉として一般的になっています。)

モバイルWiFiルーターとは、屋外でも無線でインターネットの電波を受信できる機器のことです。

もちろん家の中に居る時でも電波の受信は可能です。

 

WiMAXで利用できる2つのモードとは?

WiFiのマーク

まずは、WiMAXで利用できる2つのインターネット回線についての説明から始めていきます。

マナブくん
マナブくん
2つの回線? 2つのモードの話じゃなかったの?

いや、この2つの回線を理解しておくと、2つのモードの違いが分かりやすくなるんだ。
フクロウくん
フクロウくん

 

「WiMAX 2+」回線と「au 4G LTE」回線

WiMAXのWiFiルーター端末を持っていると2つのインターネット回線を利用することができます。

ひとつは「WiMAX 2+」回線で、もうひとつは「au 4G LTE」回線です。

WiMAXの回線には、旧規格である「WiMAX」回線と新規格である「WiMAX 2+」回線の2つがあります。

現時点で契約ができるのは新規格である「WiMAX 2+」回線だけです。

なので現在のWiMAXは本来「WiMAX 2+」と呼ぶべきなのですが、一般的には総称のWiMAXという名称が使われています。

 

まずは、分かりやすい「au 4G LTE」回線の方から説明します。

これは携帯電話の大手キャリアであるauが提供している回線です。

つまり、WiMAXのWiFiルーターはauのスマートフォンと同じ電波を受信することができるのです。

 

次に「WiMAX 2+」回線についてです。

この回線はWiMAX独自の電波回線で「au 4G LTE」回線とは異なる周波数を持ち、またサービスエリア(受信できる地域)も異なります。

 

2つの回線のサービスエリアに関しては、以下の記事の第3章を参考にしてください。

 

「WiMAX 2+」回線の電波は遠くまで届く性質があり、またデータを送る速度が速い特徴があります。

一方、「au 4G LTE」回線の電波は遠くまでは届かないが、壁などの障害物に対して回り込みやすいという特徴があります。

つまり、建物の中まで電波が届きやすいということです。

 

したがって、WiMAXのWiFiルーター端末を持っていると、この2つの異なる特徴を持った回線を使うことが出来ます。

言い換えれば、2つの回線を使うことで、状況に応じたインターネットのつなぎ方ができるということです。

 

ちょっとここまでの情報をまとめておきましょう。

・WiMAXでは「WiMAX 2+」と「au 4G LTE」の2つの回線が利用できる。

・遠くまで届いてデータを送る速度が速い「WiMAX 2+」回線

・建物の中にも電波が届きやすい「au 4G LTE」回線

 

「ハイスピードモード」と「ハイスピードプラスエリアモード」

WiMAXでは、「WiMAX 2+」回線だけを使うモードを「ハイスピードモード」と呼びます。

また、「WiMAX 2+」回線と「au 4G LTE」回線を同時に使うモードを「ハイスピードプラスエリアモード」と呼びます。

 

WiMAXのWiFiルーター端末の基本設定は「ハイスピードモード」になっています。

つまり「WiMAX 2+」回線だけを使うモードになっているということです。

マナブくん
マナブくん
えっ? 2つの回線を使うモードの方が便利じゃないの?

そうなんだけど、理由があるんだ。
フクロウくん
フクロウくん

それだけを聞くと、「WiMAX 2+」回線と「au 4G LTE」回線の2つの電波を同時に使うモードの方がインターネットに繋がりやすいはずなのに、なぜ? と思うでしょう。

それには理由があります。

 

一旦、まとめてから続きを説明しましょう。

・WiMAXでは「WiMAX 2+」と「au 4G LTE」の2つの回線が利用できる。

・「WiMAX 2+」回線だけを使うのは「ハイスピードモード」

・「WiMAX 2+」と「au 4G LTE」の2つの回線を同時に使うのは「ハイスピードプラスエリアモード」

 

「ハイスピードプラスエリアモード」はオプション設定、しかも1ヶ月内で容量制限がある

さて、WiMAXのWiFiルーター端末の基本設定が「ハイスピードモード」になっている理由を説明します。

 

まず、「WiMAX 2+」回線と「au 4G LTE」回線を同時に使うことができる「ハイスピードプラスエリアモード」は、オプション設定なのです。

つまり「ハイスピードプラスエリアモード」を利用するにはオプション料金が発生します。

「ハイスピードプラスエリアモード」はオプションです。
フクロウくん
フクロウくん

 

それなら、実質は使えないのと同じじゃない? と思うでしょう。

 

しかし、心配することなかれ。

このオプション料金は、多くのプロバイダ(WiMAX回線を提供する事業者)がキャンペーン等で無料としていることが多いのです。

(無料となっていないプロバイダもありますので、WiMAXの契約をする時は、事前に確認することを忘れずに・・・)

 

(ここで言うプロバイダとはWiMAX回線を提供している事業者のことで、現在だと20社以上あります。いずれも同じサービスを提供しています。)

厳密には正しくないのですが、プロバイダとは、携帯会社でいうところのdocomoとかauとかSoftBankのようなものと考えておいてください。
フクロウくん
フクロウくん

もし、プロバイダやキャンペーンについて気になる方は、以下の記事も読んでみてください。

 

もう一つ、「ハイスピードプラスエリアモード」を使うにあたって注意しておきたい事があります。

それは、「ハイスピードプラスエリアモード 」はオプション設定であるだけでなく、1ヶ月で7GB以内というデータ容量制限があります。

 

この7GBを超えて使用すると、速度制限が発生します。

この時の速度制限は、デフォルト設定である「ハイスピードモード (WiMAX 2+回線のみを使用するモード)」にも影響が及びます。

つまり「ハイスピードプラスエリアモード 」で7GBを超えてしまうと、その月は「ハイスピードモード」でも速度制限がかかってしまうのです。

 

一度喜んだのに、また落胆させてしまう情報で、すみません。

 

では、どのように「ハイスピードプラスエリアモード 」を使うのが良いのか・・・その前に、ここまでの内容をまとめておきます。

・WiMAXでは「WiMAX 2+」と「au 4G LTE」の2つの回線が利用できる。

・「WiMAX 2+」回線だけを使うのは「ハイスピードモード」

・「WiMAX 2+」と「au 4G LTE」の2つの回線を同時に使うのは「ハイスピードプラスエリアモード」

・「ハイスピードプラスエリアモード」は、オプション料金がかかり、しかも1ヶ月で7GB以内というデータ容量制限がある。

 

「ハイスピードプラスエリアモード」を利用するのは、どんな時か?

では、どんな時に「ハイスピードプラスエリアモード」を利用するのが賢い使い方なのか・・・

 

それは、「WiMAX 2+回線」が繋がりにくくなった時(広い屋内や旅行先など)にだけ使ってもらうのがオススメです。

幸いなことに、「ハイスピードモード」だけを使っていても、ほとんどの場合支障はありません。

インターネットを普通に使うことができます。

 

(WiMAX 2+回線が繋がりにくくなる場合については、以下の記事に詳しく書いてあります。)

改めてですが、「ハイスピードモード」でインターネットが繋がりにくくなった時だけ、「ハイスピードプラスエリアモード」を利用しましょう。

 

では、この記事の内容をまとめておきます。

・WiMAXでは「WiMAX 2+」と「au 4G LTE」の2つの回線が利用できる。

・「WiMAX 2+」回線だけを使うのは「ハイスピードモード」

・「WiMAX 2+」と「au 4G LTE」の2つの回線を同時に使うのは「ハイスピードプラスエリアモード」

・「ハイスピードプラスエリアモード」は、オプション料金がかかり、しかも1ヶ月で7GB以内という容量制限がある。

・なので「ハイスピードモード」が繋がりにくい場合だけ「ハイスピードプラスエリアモード」を使用するのがよい。

※「ハイスピードプラスエリアモード」のオプション料金は、多くのプロバイダでキャンペーン等により無料になっている。(ただし、契約時によく確認してください。)

どうでしたか?

「ハイスピードモード」と「ハイスピードエリアモード」の違いが分かりましたでしょうか?

 

おわり