WiFi

【ポケットWiFi】データ容量が無制限で速いポケットWiFiとは?

データ容量が無制限で速いポケットWiFi

マナブくん
マナブくん
ポケットWiFiを検討してるんだけど、どこのルーターが速いんだろう?
速くて無制限のポケットWiFiってどれなんだろう?

 

「ポケットWiFi」とは、本来ほんらいの言い方をするなら、持ち運び可能な「モバイルなWiFiルーター」のことです。

「ルーター」はインターネットにつなげる機器ききなので、「ポケットWiFi」は、どこでもインターネットにつなげられる機器ということになります。

(正式には「ポケットWiFi」とは、SoftBankが提供ていきょうしているモバイルWiFiルーターの商品名です。

 ただ、最近ではモバイルWiFiルーター全般ぜんぱんあらわす言葉として「ポケットWiFi」という言い方が一般的いっぱんてきになっています。)

 

現在、家でも外でもインターネットができるポケットWiFi、つまりルーターを検討されている方は多いと思います。

ポケットWiFiを提供ていきょうしている会社では、いろんなルーターをあつかっています。

せっかく使うんだったら、納得なっとくしてルーターを選びたいですよね。

このページでは、

 ポケットWiFiルーターのカタログ上の通信速度

 ポケットWiFiルーターを実際使った場合の通信速度

 ポケットWiFiの電波がとどく地域(エリア)は?

 無制限プランを提供しているのは、どこの会社か?

 無制限プランの利用料金はどれくらいなの?

などについて、書いています。

このページが、あなたのモバイルWiFiさがしの参考になればさいわいです。

フクロウくん
フクロウくん
近頃はデータ通信容量が完全かんぜん無制限ですといってる「○○WiFi」というポケットWiFiもたくさんあるけど、今はやめておいた方がいいという話もしますね。

 

このページの要点まとめ

ポケットWiFiルーターのカタログ上の通信速度について表にしました

 →ただし、カタログでの速さは、実際に使った場合の速度ではないです

 →詳しくはここをクリック!

 

ポケットWiFiを実際に使った場合の平均速度を表にしました

 →実際の平均速度では、どのキャリア(会社)のルーターも大きな差はない

 →詳しくはここをクリック!

 

ポケットWiFiは、自分の生活けんがサービスエリアになっているキャリア(会社)を選ぼう

 →それぞれのキャリア(会社)におけるサービスエリアの調べ方を説明します

 →詳しくはここをクリック!

 

どのキャリア(会社)が無制限プランを提供ていきょうしてるか?を表にしました

 →詳しくはここをクリック!

 

それぞれのキャリア(会社)の無制限プランの料金を表にしました

 →同じ無制限プランでもキャリアによって料金が違います

 →詳しくはここをクリック!

 

結論けつろんとして・・・>

ポケットWiFiは「WiMAX」の最速ルーター「W06」がオススメ

 →詳しくはここをクリック!

 

補足ほそくとして・・・>

今、流行はやりの「〇〇WiFi」をオススメしない理由について

 →詳しくはここをクリック!

 

目次

ポケットWiFiのカタログスペックを比べてみる

WiFiイメージ画像

さて、いくつかのポケットWiFiの通信速度を見ていくんですが、まずはポケットWiFiをあつかっている通信キャリア(会社)を整理してみましょう。

 

ポケットWiFiの通信キャリアを整理してみよう

 

日本で通信キャリアと言えば、docomo/au/SoftBankが有名です。

また、これらに加えてauブランドで携帯電話を展開しているKDDIグループの中には、UQコミュニケーションズという会社があります。

このUQコミュニケーションズが提供ていきょうしているのが、WiMAX(ワイマックス)というポケットWiFiのインターネット電波網でんぱもうです。

こちらも有名で、現時点で2,000万件にのぼるポケットWiFiの契約件数をほこっています。

auとWiMAXはグループ会社であることから、ポケットWiFiとしては同じルーターをあつかっています。

さらには、SoftBankのサブブランドとしてポケットWiFiのインターネット電波網を提供しているY!mobile(ワイモバイル)もあります。

それでは次に、docomo、auとWiMAX、SoftBankとY!mobileが取り扱っているルーター機種と速さに関するカタログスペックを見ていきましょう。

 

それぞれのポケットWiFiのカタログスペックを見てみよう

 

これまでに紹介しょうかいしたキャリアがあつかっているポケットWiFiルーターの機種きしゅは、下の表になります。

今回は速さに注目して、それぞれのキャリアにおける最速ルーターのみを書いています。

(2020年5月現在)

 

キャリア 最速
ルーター名
docomo HW-01L
au
W06
WiMAX W06
SoftBank 802ZT
Y!mobile 803ZT

同じKDDIグループであるauとWiMAXの最速ルーターは同じ機種になります。

SoftBankとY!mobileに関しては、同じグループでありながら扱っている最速ルーターが違っています。

ただ、どちらも通信速度は同じです。

それでは、その通信速度をカタログスペックで比べてみましょう。

注)後でも説明しますが、ここでいう最大通信速度は、ルーターのカタログ値であり、実際に使った場合の値ではありません。

 

キャリア 最速
ルーター名
下り最大
通信速度
docomo HW-01L 1288Mbps
au
W06 1200Mbps
WiMAX W06 1200Mbps
SoftBank 802ZT 988Mbps
Y!mobile 803ZT 988Mbps

数字だけを見ると、docomoの「HW-01L」が一番速いですね。

ただ、この表での速度に関しては、あくまでもカタログ値です。

実際に使用する場合の速度は地域や電波の混雑状況などによって違ってきます。

実際には、最速でも100Mbps(メガ・ビーピーエス)(※1)くらいになるのが普通です。

速度制限がかかって1Mbps(メガ・ビーピーエス)(※1)くらいになることもあります。

ちなみに、1Mbps(メガ・ビーピーエス)(※1)くらいなら、YouTube動画の標準画質レベルであれば視聴可能な速さです。

それよりも速度が遅いと、ちょっとストレスを感じるかもしれません。

(※1:Mbps(メガ・ビーピーエス)は、1秒間に通信できるデータ量をあらわ単位たんいです。)

それでは、実際にポケットWiFiを使った場合の通信速度についての話をしたいと思います。

 

スポンサーリンク

ポケットWiFiの実際の速度を比べてみる

WiFiイメージ画像

ここまでは、それぞれのキャリアにおける最速ルーターについて、そのカタログ上の通信速度の話をしてきました。

では、実際に使っている場合の通信速度は、どれくらいなのか?

それぞれのキャリアのルーターについて、通信速度を比べてみたいと思います。

 

各キャリアの最速ルーターで実質速度を比べてみよう

 

ここでいう通信速度とは、カタログ等で示されている最大速度ではなく、実際にスマートフォンなどにつながっている時の速度(実質速度)です。

フクロウくん
フクロウくん
よくポケットWiFiルーターのスペックで、最大速度が○○Mbpsなどと書かれてあるのは理論上の数値で、実際に使用した時の値とは違います。

フクロウくん
フクロウくん
実際には、ダウンロード速度が5〜10Mbpsくらいあれば、YouTubeのフルHD動画(1080p)の再生には十分なレベルです。

今回、通信速度の測定に使用したスマートフォンアプリは「みんなのネット回線速度」です。

例えば、このアプリを使ってauのポケットWiFiの最速ルーターである「W06」で検索をかけてみます。

そうすると、全国のみんなが「W06」を使ってどれくらいの速度で通信しているか、という結果(平均値)が分かります。

それぞれのキャリアにおける最速ルーターで検索した結果を、下の表に示します。

(なお、auとWiMAXは同じルーターで、同じサービス電波でんぱを使用していますので、結果は1つにまとめています。)

 

キャリア 最速
ルーター名
測定件数 ダウンロード
平均速度
docomo HW-01L 58件 25.12Mbps
au
W06 11,030件 33.28Mbps
UQ WiMAX
SoftBank 802ZT 57件 57.09Mbps
Y!mobile 803ZT 46件 27.75Mbps

 

YouTube高画質動画(1080p)の視聴やスマホのオンラインゲームだと約5Mbpsもあれば十分だと言われています。

それから考えると、各キャリアとも十分な平均速度であると思います。

:この値はあくまでも通信速度の平均値ですので、それぞれ個別ユーザーの通信速度を保証したものではありません。)

結論けつろんを言えば、それぞれのキャリアのサービスエリア内であれば、よっぽど特殊な環境でない限り、十分な通信速度は確保できると思います。

サービスエリアとは、電波でんぱとどく地域です。

つまりサービスエリア内であれば、どのキャリアのルーターでも差はないということです。

では、次に、そのサービスエリアについて、キャリアごとに見ていきましょう。

 

みんなのネット回線速度(通称:みんそく)

 PC版(無料)はこちら

 App Store版(無料)はこちら

 google play(無料)版はこちら

 

スポンサーリンク

ポケットWiFiのサービスエリアを比べてみる

WiFiイメージ画像

ここでは、それぞれのポケットWiFiキャリアにおけるサービスエリア(電波のつながる地域)を見ていきたいと思います。

docomo/auとWiMAX/SoftBank/Y!mobileの順番で見ていきますが、まずは代表例として大阪周辺の地図で説明します。

そこでポケットWiFiのサービスエリアが、大体だいたいどんな分布をしているのか?をイメージしてください。

それに続いて、あなたの居住地きょじゅうち生活けんでのサービス状況を確認する方法について説明します。

なお、auとWiMAXは同じサービス電波網でんぱもうを使っていますので、まとめて紹介いたします。

 

docomoのサービスエリア

 

下の地図で朱色や薄紫色で示された地域が、大阪周辺におけるdocomoのサービスエリアになります。

大阪周辺のドコモのサービスエリア

  出典元:docomoホームページ:サービスエリアマップ

 

auとWiMAXのサービスエリア

 

auとWiMAXは、同じ電波網でんぱもうを使っています。

また、メインとして「WiMAX2+」回線を使用しており、サブとして「au 4G LTE」回線を使用していますので、2つに分けて紹介いたします。

下の地図でピンク色で示された地域が、大阪周辺におけるau/WiMAXのメイン電波である「WiMAX2+」回線のサービスエリアになります。

 

WiMAX利用エリア_大阪周辺

  出典元:UQ WiMAXホームページ:WiMAX(ルーター)のサービスエリア

 

次に、下の地図で朱色で示された地域が、大阪周辺におけるau/WiMAXのサブ電波である「au 4G LTE」回線のサービスエリアになります。

 

au 4G LTE利用エリア_大阪周辺

  出典元:UQ WiMAXホームページ:WiMAX(ルーター)のサービスエリア

 

先ほども書きました通り、メインは「WiMAX2+」回線で、その電波がつながりにくい地域にいる時にサブである「au 4G LTE」回線を使います。

 

SoftBankのサービスエリア

 

下の地図で朱色で示された地域が、大阪周辺におけるSoftBankのサービスエリアになります。

 

大阪周辺のソフトバンクのサービスエリア

  出典元:SoftBankホームページ:サービスエリアマップ

 

Y!mobileのサービスエリア

 

続いて、Y!mobile(ワイモバイル)のサービスエリアについてです。

ちょっとその前に、Y!mobileの契約プランについて説明させてください。

Y!mobileでは月間のデータ容量として、無制限のプランと7GBのプランがあります。

7GBプランが通常のプランであり、これにアドバンスオプション料金を上乗せすることで無制限プランになります。

ただ、この2つのプランは月額料金だけが違っているのではありません。

実は、電波がつながるサービスエリアの広さも違っています。

以下の地図は、Y!mobileのサービスエリアを示しています。

通常モード(7GBプラン)は朱色で描かれた地域で電波がつながりますが、アドバンスオプション(無制限プラン)は紫色の地域に限定されます。

(もちろん紫色の地域でも、通常モードは使えます。)

 

ワイモバイルの大阪周辺のサービスエリア

  出典元:Y!mobileホームページ:Pocket WiFi 803ZTの対応エリア

 

Y!mobileの無制限プラン(アドバンスオプションあり)で使用できるのは、ほとんどが都市部の周辺に限られています。

 

ポケットWiFi:各キャリアのサービスエリアを確認する方法

 

ここまで、docomo/auとWiMAX/SoftBank/Y!mobileの大阪周辺におけるサービスエリアを地図で見てきました。

Y!mobileの無制限プランにおけるサービスエリアだけが、都市部の周辺に限られていました。

ただ、大切なのは自分の住んでいる所や生活けんでのサービス状況がどうなのか?ということです。

続いては、あなたの住んでいる所や生活圏における各キャリアのサービス状況を確認する方法を説明していきます。

<docomoのサービスエリアの確認方法>

 docomoホームページ:サービスエリアマップをクリック

→「住所選択」と「サービス選択で“LTE”を選択」を行って、表示された地図で朱色もしくは薄紫色になっていれば、docomoの電波が届く地域です。

<auとWiMAXのサービスエリアの確認方法>

auとWiMAXは、メインとして「WiMAX2+」回線をサブとして「au4G LTE」回線を使用しています。

まずは、「WiMAX2+」回線のサービス状況を確認する方法です。

 UQ WiMAXホームページ:WiMAX(ルーター)のサービスエリアをクリック

→「都道府県」を選び、開いたページでより詳しい住所を入力して検索します。

→住所検索の下の「WiMAX2+」ボタンを押した時に表示された地図で、ピンク色に色づいていれば、「WiMAX2+」の電波が届く地域です。

次に、「au 4G LTE」回線のサービス状況を確認する方法です。

 UQ WiMAXホームページ:WiMAX(ルーター)のサービスエリアをクリック

→「都道府県」を選び、開いたページでより詳しい住所を入力して検索します。

→住所検索の下の「au 4G LTE」ボタンを押した時に表示された地図で、朱色に色づいていれば、「au 4G LTE」の電波が届く地域です。

<SoftBankのサービスエリアの確認方法>

 SoftBankホームページ:サービスエリアマップをクリック

→カテゴリで「モバイルデータ通信」、メーカーで「ZTE」、機種名で「802ZT」を選択します。

→自分の都道府県をクリックして表示された地図で、朱色になっていればSoftBankの電波が届く地域です。

<Y!mobileのサービスエリアの確認方法>

 Y!mobileホームページ:Pocket WiFi 803ZTの対応エリアをクリック

→自分の都道府県を選んで、表示された地図で朱色か紫色であれば、Y!mobileの電波が届く地域です。

(※データ量無制限プランは、紫色だけがサービスエリアです。)

それぞれのキャリアのサービスエリアを見て、どうだったでしょうか?

人によっては、こちらのキャリアではサービスエリア内だったのに、別のキャリアではサービスエリア外だったという人がいたかも・・・

そうしたかたは、サービスエリア内であったキャリアをえらんでください。

どのキャリアでもサービスエリア内であった方は、月間のデータ通信量(ギガ数)でキャリアを選んでください。

次は、それぞれのポケットWiFiキャリアが提供ていきょうしている月間データ量のプランについて説明します。

 

スポンサーリンク

ポケットWiFi:無制限プランの有無を調べてみる

WiFiイメージ画像

ポケットWiFiのキャリアによって、月間に使えるデータ量(いわゆるギガ数)が決まっています。

 

各キャリア(会社)の無制限プランの有無について

 

下の表に各キャリアが提供ていきょうしている月間のmaxデータ量プランをまとめてみました。

 

キャリア 月間maxデータ量
プラン
docomo 60GB(※1)
au
無制限(※2)
WiMAX 無制限(※2)
SoftBank 50GB(※3)
Y!mobile 無制限(※4)

(※1:ギガホプラン適用時)

(※2:連続した3日間で通信合計量が10GBを超えた場合は、速度制限あり)

(※3:メリハリプラン forデータ適用時)

月間のデータ量(ギガ数)を気にしなくて良い「無制限」プランがあるのは、au、WiMAX、Y!mobileです。

次は、これらのキャリアの無制限プランについて、料金の比較を行ってみたいと思います。

その前に、(※2)であった速度制限について、ちょっとだけ説明しておきたいと思います。

 

無制限プランも完全無制限ではない?

 

さて、auやWiMAX、そしてY!mobileには、無制限プランがあるというを話をしました。

しかし、これらの3社のサービスも完全無制限ではありません

完全無制限というのは、日々の通信つうしん量/3日間の通信量/月間の通信量のどれをとっても制限がないということです。

しかし、この3社のポケットWiFiでも、連続れんぞくした3日間で通信した合計量が10GB以上になった場合、通信速度が制限されます。

通信速度が制限される期間きかんは、連続した3日間の翌日の18時から翌々日の2時までです。

(Y!mobileだけは、連続した3日間の翌日の18時から翌々日の1時までです。)

ただ、制限されている場合でも通信速度は1Mbps(メガ・ビーピーエス)(※1)くらいで、この速度だったらYouTube動画の標準画質レベルであれば視聴可能な速さです。

どんなことでインターネットを使っているか にもよりますが、これだったら実質的じっしつてきには制限がないのと同じだと思います。

(※1:Mbps(メガ・ビーピーエス)は、1秒間に通信できるデータ量をあらわ単位たんいです。)

心配な方は、あなたの普段のインターネット通信量がどれくらいなのかを一度確認してみてはどうでしょうか?

3日間で10GBの目安めやすとしては、

 YouTubeの高画質動画(720p)なら10時間くらいれます

 YouTubeの一般画質動画(480p)なら16時間くらいれます

 インスタグラムなら11時間くらいれます

 TikTok動画なら18時間くらいれます

あくまでも目安です。

動画などはあまり観ないというかたは、気にしなくて大丈夫だと思います。

例えば、ニュース記事だったら、30,000記事くらいは読めます。

もし、あなたが3日間で10GB以上使っているヘビーユーザーだとしたら、ポケットWiFiではなく固定のインターネット通信(光回線など)をお勧めします。

さて、ポケットWiFiの無制限プランを提供ていきょうしているのは、au、WiMAX、Y!mobileだという話をしました。

次に、気になるのが料金ではないでしょうか?

つづいては、無制限プランの料金について説明します。

 

スポンサーリンク

ポケットWiFi:無制限プランの利用料金を比べてみる

WiFiイメージ画像

続いては、各キャリアの月間データ容量プランが、どれくらいの料金で利用できるのかを見ていきましょう。

 

ポケットWiFi:無制限プランの料金を比べてみる

 

各キャリアの無制限プランについて、その利用料金(実質月額料金)を下の表で比べてみることにします。

実質月額料金の計算方法については、後で説明いたします。

 

キャリア 最速
ルーター名
月間データ
容量プラン
実質月額料金
(ルーター代含む)
(税抜)
au
W06 無制限(※1) 5,334円/月(※2)
WiMAX W06 無制限(※1) 3,608〜4,180円/月(※3)
Y!mobile 803ZT 無制限(※1) 4,652円/月(※4)

 

(※1:連続した3日間で通信合計量が10GBを超えた場合は、速度制限あり)

(※2:「2年契約N」適用時)

(※3:契約するプロバイダ(※5)によって料金が違うため幅があります)

(※4:アドバンスオプションありの場合)

上の表で分かるとおり、ポケットWiFiの無制限プランと言っても、キャリアによって料金が違います。

実質月額料金が一番料金が安いのは、WiMAXとなります。

ただ、WiMAXの実質月額料金が「○○〜○○円/月」となっているのが気になるますよね。

それについては、プロバイダ(※5)について説明した下のメモを読んでみてください。

 

(※5)プロバイダとは、WiMAXのインターネット回線かいせん提供ていきょうしている事業者じぎょうしゃのことです。

ここまでは、WiMAXをひとつのキャリアとして説明してきました。

しかし、実際にはまったく同じWiMAXのサービスを提供している会社がいくつもあります。

その数は、20社以上です。(2020年3月現在)

それぞれのプロバイダはまったく同じWiMAXのサービスを提供していながらも、料金システムが違います。

そのため、実質月額料金も幅がある数字になっています。

それぞれのプロバイダの料金システムについては、この後説明します。

さて、先ほどから料金を比べるために使っている実質月額料金とは、次のような式で計算しています。

 

実質月額料金の計算式

各社の実質月額料金とは、
   初期費用
   毎月かかる月額料金
   契約解除料
を足し算した額から
   キャンペーンなどによるキャッシュバック額
を引き算した額を 契約月数で割った値としています。

さて、続いては、無制限プランの実質月額料金の比較で一番安かったWiMAXについて説明しようと思います。

 

スポンサーリンク

ポケットWiFiはWiMAXの無制限プランで最速ルーターW06がオススメ

WiFiイメージ画像

ここまでの情報で、

 サービスエリアが広い

 データ容量の無制限プランがある

 利用料金が安い

というポイントから、ポケットWiFiのキャリアとしては「WiMAX」をえらぶのがオススメです。

 

通信速度が一番速いWiMAXのルーター:W06

 

ルーターに関しては、「WiMAX」があつか端末たんまつで通信速度が一番速い「Speed Wi-Fi NEXT W06」をオススメします。

ちなみに、下の写真が、私の使っている「Speed Wi-Fi NEXT W06」です。

 

スピード ネクスト w06

 

色は「black×blue」と「white×silver」の2色からえらぶことができます。

(上の写真は、「black×blue」です。)

さて、ルーターのオススメは「Speed Wi-Fi NEXT W06」だとして、「WiMAX」との契約けいやくはどうするのでしょうか?

実は、ポケットWiFiとして「WiMAX」のサービスを提供ていきょうしているプロバイダ(※1)は20社以上あります。(2020年8月時点)

 (※1:インターネットサービスを提供している会社)

それぞれのプロバイダは、まったく同じ「WiMAX」のサービスを提供していながら、その利用料金や契約したときの特典とくてん(※2)は違います。

 (※2:キャンペーンによる特別なサービス)

その中から、このページでは業界ぎょうかい最安クラスのWiMAXプロバイダ「GMOとくとくBB」の2つのキャンペーンを紹介したいと思います。

「GMOとくとくBB」以外のプロバイダに関する

 利用料金

 キャンペーン内容(特別なサービス)

につきましては、次の別ページにくわしくまとめてありますので、よかったら参考にしてみてください。

 

例:GMOとくとくBB WiMAX(キャッシュバックキャンペーン)の料金システムについて

 

まずは、「GMOとくとくBB」のキャッシュバックキャンペーンの料金システムについて説明します。

 GMOとくとくBBは、東証一部上場企業であるGMOインターネット株式会社(プロバイダー運用実績じっせきが20年以上)が運営しています。

2019年オリコン顧客満足度でプロバイダ第1位をとっている会社です。

 

GMOとくとくBB (ギガ放題()プラン(※1))…金額はすべて税別
※1:契約期間:サービス開始日から、サービス開始月の翌月を1カ月目として、3年間
  解約の申し出がない場合、更に3年間の契約として、自動更新される
事務手数料 3,000円
ルーター端末代 (※2:キャンペーンにより無料) 無料(※2)
月額料金 サービス開始月 日割り
(サービス開始翌月の)1〜2ヶ月目 3,609円/月
3ヶ月目〜 4,263円/月
契約解除料 1ヶ月目〜12ヶ月目 19,000円
13ヶ月目〜24ヶ月目 14,000円
25ヶ月目〜36ヶ月目 9,500円
37ヶ月目(更新月) 無料
38ヶ月目〜(更新月以外) 9,500円
36ヶ月毎の更新月 無料
キャッシュバック
 …※3:サービス開始月から11ヶ月目に手続きの必要あり
28,000円バック(※3)
1年契約での総額 43,848円
 →実質月額料金(1年契約時) 3,654円/月
2年契約での総額 90,004円
 →実質月額料金(2年契約時) 3,751円/月
3年契約での総額 127,160円
 →実質月額料金(3年契約時) 3,533円/月

 

GMOとくとくBBのキャッシュバックキャンペーンには「ギガ放題プラン」と料金の安い「(月間)7GBプラン」がありますが、上記の料金は「ギガ放題プラン」です。

キャッシュバックがくは、度々たびたび変更されますので、正式には「GMOとくとくBBのキャッシュバックキャンペーン公式ページ」でご確認ください。

au 4G LTE通信「ハイスピードプラスエリアモード」オプション利用料金は、キャンペーンで無料です。

 ※“au 4G LTE通信「ハイスピードプラスエリアモード」オプション”についての説明(本ページ内)はこちら

支払い方法はクレジットカード払いのみです。

auスマホユーザーならスマートバリューmineで月額料金がおトク(最大1,000円値引き!)

 →詳しくは、「GMOとくとくBBのキャッシュバックキャンペーン公式ページ」内にある「auスマートフォンユーザーなら」をご参照ください。

UQ mobileユーザーなら月額料金がおトク(最大500円値引き!)

 →詳しくは、「GMOとくとくBBのキャッシュバックキャンペーン公式ページ」内にある「UQ mobileユーザーなら」をご参照ください。

申し込みから20日以内であれば解約違約金が無料でキャンセルすることができます。
(ただし、条件等がありますので、「GMOとくとくBBのキャッシュバックキャンペーン公式ページ」にある注意事項をよく確認ください。)

キャッシュバックを受けるための手続き(※3)が重要だと思いますので、以下に「GMOとくとくBBのキャッシュバックキャンペーン公式ページ」より引用した内容を記しておきます。

 

キャッシュバック特典はGMOとくとくBBより端末発送月を含む11ヶ月目お申込み時に新規で作成される基本メールアドレス宛に、キャッシュバック特典の振込みに関するご指定口座確認のご案内メールをお送りしますのでそちらをご確認の上、お振込み先の口座情報をご登録ください。

振込み時期までに以下に該当する場合、キャッシュバック特典は適用されません。

1.WiMAX 2+から別のインターネットサービスへの変更
2.WiMAX 2+の解約
3.未納によるサービス一時停止または強制解約
4.ご指定口座確認のご案内メールの送信日より翌月の末日までにお受取口座のご連絡をいただけなかった場合、またはお受取口座情報に不備がある場合
5.その他GMOとくとくBBが対応困難と認めるものがあった場合

ご指定口座確認のご案内メールにて振込先指定の連絡をいたしますが、振込み日、振込み完了に関する個別のお客さまへの連絡は行っておりませんので、あらかじめご了承ください。

特典付与後の責任は一切負いかねます。

引用元:GMOとくとくBB のキャッシュバックキャンペーン公式ページ

 

改めて、キャッシュバックを受け取るための注意点をまとめておきます。

11ヶ月目に案内メールが届く。

案内メールは、あなたの普段使っているメールアドレスに届くのではありません

 →申し込み時に新規で作成される基本メールアドレスに届きます。

案内メールに対して、振込先の口座情報を登録する必要あり。

口座登録は、案内メールが届いてから翌月の末日までがタイムリミットです。

 

詳細は以下のボタンをクリックして、「GMOとくとくBBのキャッシュバックキャンペーン公式ページ」でご確認ください。

なお、ルーター端末としては、通信速度が一番速い「Speed Wi-Fi NEXT W06」をオススメします。

 

 

 

例:GMOとくとくBB WiMAX(月額割引キャンペーン)の料金システムについて

 

次に、同じくGMOとくとくBBの月額割引キャンペーンの料金システムについて説明します。

キャッシュバックの手続き忘れが気になる方は、同じGMOとくとくBBでも、こちらの月額割引キャンペーンの方が良いかもしれません。

繰り返しになりますが、GMOとくとくBBは、2019年オリコン顧客満足度でプロバイダ第1位をとっている会社です。

 

GMOとくとくBB (ギガ放題()プラン(※1))…金額はすべて税別
※1:契約期間:サービス開始日から、サービス開始月の翌月を1カ月目として、3年間
  解約の申し出がない場合、更に3年間の契約として、自動更新される
事務手数料 3,000円
ルーター端末代 (※2:キャンペーンにより無料) 無料(※2)
月額料金 サービス開始月 日割り
(サービス開始翌月の)1〜2ヶ月目 2,590円/月
3ヶ月目〜24ヶ月目 3,344円/月
25ヶ月目〜 4,263円/月
契約解除料 1ヶ月目〜12ヶ月目 19,000円
13ヶ月目〜24ヶ月目 14,000円
25ヶ月目〜36ヶ月目 9,500円
37ヶ月目(更新月) 無料
38ヶ月目〜(更新月以外) 9,500円
36ヶ月毎の更新月 無料
キャッシュバック
 …※3:サービス開始月から11ヶ月目に手続きの必要あり
3,000円バック(※3)
1年契約での総額 52,620円
 →実質月額料金(1年契約時) 4,385円/月
2年契約での総額 92,748円
 →実質月額料金(2年契約時) 3,865円/月
3年契約での総額 129,904円
 →実質月額料金(3年契約時) 3,608円/月

 

GMOとくとくBBの月額割引キャンペーンには「ギガ放題プラン」と料金の安い「(月間)7GBプラン」がありますが、上記の料金は「ギガ放題プラン」です。

au 4G LTE通信「ハイスピードプラスエリアモード」オプション利用料金は、キャンペーンで無料です。

 ※“au 4G LTE通信「ハイスピードプラスエリアモード」オプション”についての説明(本ページ内)はこちら

支払い方法はクレジットカード払いのみです。

auスマートフォンユーザーならスマートバリューでさらにお得!(最大1,000円値引き!)

 →詳しくは、「GMOとくとくBBの月額割引キャンペーン公式ページ」内にある「auスマートフォンユーザーなら」をご参照ください。

UQ mobileユーザーならギガMAX月割でさらにお得!(最大500円値引き!)

 →詳しくは、「GMOとくとくBBの月額割引キャンペーン公式ページ」内にある「UQ mobileユーザーなら」をご参照ください。

申し込みから20日以内であれば解約違約金が無料でキャンセルすることができます。

(ただし、条件等がありますので、「GMOとくとくBBの月額割引キャンペーン公式ページ」にある「20日キャンセルについて」をよく確認ください。)

キャッシュバックを受けるための手続き(※3)が重要だと思いますので、以下に「GMOとくとくBBの月額割引キャンペーン公式ページ」より引用した内容を記しておきます。

・キャッシュバック特典はGMOとくとくBBより端末発送月を含む11ヶ月目お申込み時に新規で作成される基本メールアドレス宛に、キャッシュバック特典の振込みに関するご指定口座確認のご案内メールをお送りしますのでそちらをご確認の上、お振込み先の口座情報をご登録ください。

・振込み時期までに以下に該当する場合、キャッシュバック特典は適用されません。

1. WiMAX 2+から別のインターネットサービスへの変更
2. WiMAX 2+の解約
3. 未納によるサービス一時停止または強制解約
4. ご指定口座確認のご案内メールの送信日より翌月の末日までにお受取口座のご連絡をいただけなかった場合、またはお受取口座情報に不備がある場合
5. その他GMOとくとくBBが対応困難と認めるものがあった場合

・ご指定口座確認のご案内メールにて振込先指定の連絡をいたしますが、振込み日、振込み完了に関する個別のお客さまへの連絡は行っておりませんので、あらかじめご了承ください。

・特典付与後の責任は一切負いかねます。

引用元:GMOとくとくBB の月額割引キャンペーン公式ページ

 

改めて、キャッシュバックを受け取るための注意点をまとめておきます。

11ヶ月目に案内メールが届く。

案内メールは、あなたの普段使っているメールアドレスに届くのではありません

 →申し込み時に新規で作成される基本メールアドレスに届きます。

案内メールに対して、振込先の口座情報を登録する必要あり。

口座登録は、案内メールが届いてから翌月の末日までがタイムリミットです。

 

詳細は以下のボタンをクリックして、「GMOとくとくBBの月額割引キャンペーン公式ページ」でご確認ください。

なお、ルーター端末としては、通信速度が一番速い「Speed Wi-Fi NEXT W06」をオススメします。

 

 

 

スポンサーリンク

WiMAXの「ハイスピードプラスエリアモード」オプションとは・・・

WiFiイメージ画像

WiMAXは、どんな電波を使っている?

 

WiMAXでは、「WiMAX 2+」という電波でんぱがメインの回線で、「au 4G LTE(auの携帯電話の回線)」 の電波がサブの回線になります。

メインの「WiMAX 2+」回線だけでも、日本の人口の90%以上をカバーできていますが、それよりも広い地域ちいきをカバーしている「au 4G LTE」回線も使えるようになってます。

 

フクロウくん
フクロウくん
ちなみにauのポケットWiFiでも、「WiMAX 2+」という電波でんぱがメインの回線で、「au 4G LTE」 の電波がサブ回線です。

「WiMAX 2+」回線のサービスエリア(電波がつながる地域)については、以下の方法で調しらべることができます。

 

あなたの住んでいる所や勤務先における「WiMAX 2+」回線のサービス状況を知りたい場合は、次の方法で調べてください。

UQ WiMAXホームページ:WiMAX(ルーター)のサービスエリアページで該当する都道府県をクリックしてください。

・詳しい住所を指定もしくは入力してください。

・中段にある「WiMAX 2+」を押す。

 →あなたの指定していした場所が色づいているならば、「WiMAX +2」の電波が十分にとどく地域です。

同じように、「au 4G LTE」回線のサービスエリア(電波がつながる地域)については、以下の方法で調しらべることができます。

 

あなたの住んでいる所や勤務先における「au 4G LTE」回線のサービス状況を知りたい場合は、次の方法で調べてください。

UQ WiMAXホームページ:WiMAX(ルーター)のサービスエリアページで該当する都道府県をクリックしてください。

・詳しい住所を指定もしくは入力してください。

・中段にある「au 4G LTE」を押す。

 →あなたの指定していした場所が色づいているならば、「au 4G LTE」の電波が十分にとどく地域です。

改めてですが、WiMAXは、メインの回線として「WiMAX 2+」、サブの回線として「au 4G LTE」を使ってインターネット接続せつぞくを行います。

 

ハイスピードプラスエリアモードってなに?

 

「ハイスピードプラスエリアモード」とは、「WiMAX 2+」回線と「au 4G LTE」回線を同時に利用できるモードです。

「ハイスピードプラスエリアモード」に対して、「WiMAX 2+」回線だけで通信つうしんするモードは「ハイスピードモード」と呼ばれ、普段ふだんはこちらのモードを使用します。

WiMAXには、古い規格きかくである「WiMAX」と新しい規格である「WiMAX 2+」の2つがあります。

現時点げんじてん契約けいやくができるのは新規格である「WiMAX 2+」だけです。

参考さんこうまで・・

 

普段は「ハイスピードモード」を使うということは、どんな時に「ハイスピードプラスエリアモード」を利用するのか・・・

それは、「WiMAX 2+」回線がつながりにくくなった時に「ハイスピードプラスエリアモード」に切り替えて使ってもらうのがオススメです。

窓から遠い部屋内にいる時や旅行先などで、「WiMAX 2+」回線が繋がりにくくなる場合があります。

こうした場合のみ「ハイスピードプラスエリアモード」を使うのです。

と言うのも、「ハイスピードプラスエリアモード」には、1ヶ月で7GB以内というデータ量制限があります。

もし、7GBをえて使用すると、普段ふだん使っている「ハイスピードモード」も含めて128kbpsと非常に遅い速度に制限されてしまいます。

この制限は、月末までつづきます。

また、基本として「ハイスピードプラスエリアモード」の使用はオプションとして設定されています。

つまり利用すると、オプション料金を払わなければなりません。(使用した月だけ+1,005円/月が一般的です。)

 

フクロウくん
フクロウくん
「ハイスピードプラスエリアモード」を使うには、オプション料金が必要です。

しかし、このオプション利用料金をキャンペーンで無料にしているWiMAXプロバイダがいくつかあります。

このページで紹介しょうかいしたGMOとくとくBBは、キャンペーンでオプション料金が無料です。

 

スポンサーリンク

ポケットWiFiのキャリア(会社)が決まったら・・・

WiFiイメージ画像

ここまでの情報で、「このポケットWiFi(キャリア)にしよう!」というのが見つかりましたか?

キャリアによっては、このページよりも詳しい情報を書いたページを用意しています。

auを選ばれた方>

次の別ページに、より詳しい情報をまとめています。

WiMAXを選ばれた方>

次の別ページに、より詳しい情報をまとめています。

Y!mobileを選ばれた方>

次の別ページに、より詳しい情報をまとめています。

 

<補足>今、流行りの「○○WiFi」をオススメしない理由とは?

 

ここ最近「○○WiFi」という名称で、データ容量において完全無制限をうたっているポケットWiFi事業者の参入が増えました。

しかし、それら「○○WiFi」の多くは、クラウドSIM技術(※1)を使っているため、メリットもありますが、デメリットもあります。

(※1)クラウドSIM技術とは・・・

従来では、ルーター端末たんまつ1台に対してSIMカードが1枚入っているのが普通ですが、この技術では端末たんまつにSIMカードは入っていません。

この技術の場合、SIM情報がクラウドサーバー上(ネットワーク上)に保管されています。

そのため、ルーター端末たんまつによってつながる電波が決まるのではなく、ひとつの端末でも いろんな電波につながり、それらが自動的に切り替えられます。

クラウドSIM技術を使用したWiFiは、自動的に電波網を切り替えられるのですが、それが不都合なことを生じさせる原因になっているのです。

最近、以下のようなことが多くツイッターでつぶやかれています。

 契約した当初は通信速度が速かったけれど、最近はずっと遅い(通信障害?)

 SoftBankの電波がメインにつながるはずだが、(docomoでもauでもない)マイナーな回線にしかつながらない

 マイナーな回線につながっても1Mbps以下の通信速度しかなく、作業ができる状態ではない

 作業ができないと完全無制限である意味がない

 サポートに電話がつながらない

 実はある程度のGBを使用すると速度制限がかかる?

最近リモートワークする方が増えた影響か、通信速度がかなり不安定な(かなり遅い)状況にあると思われます。

どうも、それに対するサポート体制が追いついていないようです。

契約者のすべてが、同じ状況にあるとは考えにくいですが・・・

ただ、当サイトとしましては、少なくとも現在不安定な状況にあるこれらの「○○WiFi」について、自信をもってオススメできるとは言えません

もう少し時期を待って、これらの事業者のサポート体制が整備されるのを望むばかりです。

最後まで読んで頂いて、ありがとうございました。

おわり