【「繊細さん」の本:感想】繊細な私が読んで気持ちがちょっと楽になった本

図書館で本を選ぶ男の子

 

仕事をしていて身体は疲れてないんだけど、気持ち的にはすぐ目一杯になってしまってなんだかしんどい。

 

周りの人のイライラ感を敏感にキャッチしてしまって、関係のない自分まで気疲れしてしまう。

 

仕事を大雑把にできなくて、他人よりも時間がかかっている気がする。

 

出来ない仕事まで引き受けてしまう。なのに断れない。

 

自分では「気にしすぎなのかも」と思い、他人には「細かすぎるんじゃない?」と言われてきた私が、ちょっと救われた本があります。

 

1.HSPって気質を知っていますか?

 

世の中には、敏感すぎるだとか細かいことを気にしすぎるだとか言われる人がいます。

 

そんな人はもしかしたらHSPという気質の持ち主なのかも知れません。

 

HSPとは「Highly Sensitive Person」の略で、アメリカの心理学者:エレイン・N・アーロン氏が提唱した概念です。

 

提唱されてからまだ20年くらいで、一般の方はもちろん、医師などの専門的な職業をされている方にもあまり浸透していないようです。

 

改めて、HSPを分かりやすく簡単な言葉で表現すると、(本当はあまり簡単な言葉にしたくはないのですが)「繊細すぎる人」や「人一倍敏感な人」という感じになるかと思います。

 

断っておかないといけないのは、HSPは決して病気ではなく、性格という言葉で表されるものでもなく、あくまでもいくつかある人間の気質のうちのひとつです。

 

割合的には人口の15%〜20%と言われているのですが、どれくらいの人数を調べての結果なのか、私はよく分かっていません。

 

また、HSPといっても、すべての人の感覚が同じ訳ではないようです。

 

視覚が冴えていたり、聴覚が冴えていたり、五感の冴え具合が人によって様々です。

 

 

スポンサーリンク

2.もし自分がHSPだったら、どうしたらいいの?

 

マナブくん
マナブくん
フクロウくんはHSPなの?

 

フクロウくん
フクロウくん
そうだと思うんだけど、明確な判断基準がないみたいなんだ。

HSPに関しては、最近、何冊かの本が出版されていて、それらの中に、20〜30項目くらいのチェックリストがあって、その中の半数くらいの項目に当てはまるとHSPの可能性が高いらしいです。

 

でも、当てはまる項目数が少ない人でも、特によく当てはまる項目があった人はHSPかも知れません、って書いてあります。

 

フクロウくん
フクロウくん
なので、僕が本当にHSPなのかは明確には言えないんだ。

 

フクロウくん
フクロウくん
自分では、HSPだと思っているけどね・・・

 

それぞれの本に、「HSPの人はこうしたらいいですよ。」的なことはもちろん書いてあります。

 

でも、(批判を恐れずに言いますと)「HSPの人は、その気質により生活にいろいろな課題を抱えているので、こう対処しましょう。」というニュアンスに取れる本がいくつかありました。

 

なんかHSPに対して後ろ向きな書き方をしているなと感じて、読んでいて辛くなって途中で読むのをやめた本もあります。

 

そんな中で、私がオススメの本は、

武田友紀さん著:
『「気がつきすぎて疲れる」が驚くほどなくなる「繊細さん」の本
(発行所:飛鳥新社)

です。

 

略して『繊細さんの本』

 

繊細さんの本

 

この本は、いくつかの本の中でも、非常に前向きな内容で、読んだ後にパッと前が開けた気がしました。

 

著者の武田友紀さんは、元メーカーのエンジニアで、今はHSP専門カウンセラーをされています。

 

フクロウくん
フクロウくん
それに「敏感な人」と言われるより「繊細さん」と言われた方が、なんか気持ちいい。

 

 

まず、『繊細さんの本』には、「はじめに」の章で以下のように書かれています。

 

「自分の繊細さを克服すべき課題ととらえるのではなく、いいものとしてとらえる。」

出典元:『「気がつきすぎて疲れる」が驚くほど「繊細さん」の本』P.8
 

 

この辺りから、他の本とアプローチの仕方が違う気がします。

 

第1章では、HSPに当てはまる方の例がいくつか紹介されています。

 

第2章では、「毎日のストレスを防ぐカンタンなワザ」ということで、五感別の刺激予防法や刺激回復を早める方法が紹介されています。

 

具体的には、伊達メガネをかけて自分の見える範囲をわざと狭める、アロマペンダントをつける、など

 

第3章では、人間関係をラクにする方法として、”繊細さんとしての自分を出していくこと”や”自分のペースの守り方”などについて書かれています。

 

人間関係の基本構造とは、「表に出している自分」に合う人が集まってくる、というシンプルな事実です。つまり、「本当の自分」を抑えて殻を被っていると、その「殻」に合う人が集まってきてしまうのです。

出典元:『「気がつきすぎて疲れる」が驚くほど「繊細さん」の本』P.96
 

 

第4章では、仕事に関連した内容が書かれています。

 

例えば、繊細さんは仕事が遅い訳ではない、という話とか、自分に合った仕事の選び方、など

 

第5章では、繊細さんに共通する「5つの力」として、

 

 ・感じる力

 ・考える力

 ・味わう力

 ・良心の力

 ・直感の力

 

を挙げていて、その自分の強みを人間関係、仕事、趣味で出していくことでより元気に生きることができる等が書いてあります。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

 

要約リスト

何事にも気がつきすぎて疲れる人はHSPかもしれません。

HSPとは「繊細すぎる人」「人一倍敏感な人」

HSPの人は自分の強みを出していくことで、より元気に生きることができる。

その方法が書かれてある『繊細さんの本』を読むことで、あなたも今より楽に生きられるかもしれません。

 

いつもより、とても大雑把に仕上げてみました。

 

 

 

おわり