健康

【Fitbitアプリ】フィットネス(運動)量をグラフにして見える化する

ウォーキングする男の人と女の人

 

「ちょっと走ると、すぐハァハァするようになってきたなぁ」

 

「娘の幼稚園の運動会に出るの、かっこ悪いなぁ、走ってころばないかなぁ」

 

「ジムに行くにしてもお金がかかるし、ウォーキングでもしようかなぁ」

 

「でも、ウォーキングといっても、何の目標もないと続かないだろうなぁ」

 

そう思われている人は、たくさんいると思います。

 

このページでは、Fitbitフィットビット(※)アプリ&ウェアラブルデバイスを使って、心肺しんぱい機能をきたえるフィットネス量を見える化する方法について紹介していきます。

 

フクロウくん
フクロウくん
ウェアラブルデバイスとは、身体からだけるデバイスのことで、ここではおもに手首にけるスマートウォッチや活動量計かつどうりょうけいなどを言います。

 

心肺機能を鍛えるフィットネスって何? と思うかもしれませんが、具体的ぐたいてきには次のような運動です。

 

・ウォーキング

・ランニング

野外やがいサイクリング

・クロストレーナー

・スポーツ

・エアロビックワークアウト

 

これらの言葉だと、分かりやすいのではないでしょうか。

 

マナブくん
マナブくん
クロストレーナーって、何?

 

ちなみに、クロストレーナーとは、ジムなどによくある手足を前後に動かすトレーニングマシンです。

 

イラストだと、下のような感じです。

 

クロストレーナーをやっている女性

 

さて、このページで紹介する方法では、あなたが行ったフィットネス量をあなたと同年代で同性かた比較ひかくしてくれます。

 

そして、その結果を以下のような6段階で評価ひょうかしてくれます。

 

・すばらしい

・とても良い

・良い

・平均

・やや低い

・低い

 

Fitbitアプリでの心拍数グラフ

 

また、あなたがフィットネス量をふやした場合、その評価はどれくらいまでがるのか?という目標値もしめしてくれます。

 

さらには、体重を減量することで、その評価がどれくらいまで上がるのか?という可能性についてもしめしてくれます。

 

自分に対する目標値や可能性がかれば、フィットネスを行う時のやる気にも つながると思います。

 

マナブくん
マナブくん
目標があった方が、やる気が出てくるね。

 

このような6段階の評価や目標値の設定も、Fitbitフィットビット(※)アプリ&ウェアラブルデバイス使うと自動的にやってくれます。

 

デバイスを手首にけるだけです。

 

自分の気に入ったフィットネス(例えば、ウォーキングなど)を行った後に、Fitbitフィットビット(※)アプリで、その結果を見るだけです。

 

Fitbitフィットビット(※)アプリなら、いくつかの種類のフィットネスを自動的に判別はんべつしてくれるので、その点も便利です。

 

※Fitbit(フィットビット)社は、心拍数やそれに伴うフィットネスレベル、睡眠などのデータを記録するウェアラブルデバイスを製造している会社です。

そうしたデバイスでは、世界で市場No.1とも言われている会社です。

デバイスには、スマートウォッチタイプやトラッカータイプなどがあり、記録したデータはスマホのアプリで管理できます。

 

1.フィットネス量の記録には、Fitbitデバイス&アプリを使っています。

フィットネスを記録する

 

私が日頃ひごろフィットネス量のデータ記録に使っているウェアラブルデバイスは、Fitbit Alta HRです。

 

そのデータをスマホと連携れんけいさせて、Fitbitアプリで管理しています。

 

以下の写真が、Fitbit Alta HRで、リストバンド型のデバイスです。

 

時刻も表示ひょうじしてくれますし、腕時計のわりに、このデバイスを手首にけています。

 

(以下の写真では、16時11分を表示しています。ちなみに94は心拍数です。)

 

Fitbit_Alta_HRの写真

 

現在、Fitbit社の製品で、心肺しんぱい機能に関するフィットネスデータを記録できる製品は、Alta HRの他に、Versa2、Versaライトエディション、Ionic、Charge4、Inspire HRなどがあります。

(2020年4月時点)

 

参考)Fitbit Alta HRのサイズは、FitbitのHPホームページによると「Smallサイズが手首周囲140mm~170mm、Largeサイズが手首周囲170mm~206mm」です。

 

 

 

 

スポンサーリンク

2.フィットネス量を見るためのFitbitアプリの使い方

フィットネス(運動)している姿

 

では、Fitbitアプリで、フィットネスデータを見る方法について紹介していきます。

 

Fitbitアプリのスマホへのダウンロードは、www.fitbit.com/setupから無料でできます。

 

(ダウンロードした直後は、自分の個人データなどを入力するセットアップ作業が必要です。)

 

自分の「フィットネス量の評価」を見てみよう

 

セットアップ作業が完了したら、Fitbitアプリのホーム画面(ダッシュボード画面)を開きます。

 

ホーム画面をスクロールしてもらうと、下のようなマークがあり、その右の数字が現在の心拍数しんぱくすうになります。

 

この心拍数データをもとにフィットネス量が計算されます。

 

このマーク部をタップしてみます。

 

Fitbitアプリのダッシュボード画面

 

タップすると、過去30日の安静時あんせいじ心拍数のグラフが表示されます。(下の画面)

 

このグラフは参考程度ていどに見ておいてください。

 

ここから「フィットネスの6段階評価」を見るために、下の画面の赤枠かこわれた部分を左にスワイプしてみます。

 

Fitbitアプリの心拍数画面

 

スワイプすると「有酸素ゆうさんそ運動によるフィットネス」のグラフが表示されます。(下の画面)

 

Fitbitアプリでの心拍数グラフ

 

このグラフでは、心拍数を元に計算されたフィットネス量が、自分と同年齢の同性と比べてどれくらいの評価なのか?を示しています。

 

上の画面の評価では、「とても良い と すばらしい」の間ですね。

 

(うっすら光っている所が、自分の評価になります。)

 

もう少しくわしく見るために、下の画面の右上にある赤枠部をタップしてみます。

 

Fitbitアプリの心拍数画面

 

タップすると、上半分にはグラフの色分いろわけの説明があり、下半分には詳しい説明文も書かれています。(下の画面)

 

Fitbitアプリのフィットネス量グラフ

 

この画面では「〇〇〜〇〇歳男性向けの有酸素運動レベル」という見出しで、

 

・すばらしい

・とても良い

・良い

・平均

・やや低い

・低い

 

の6段階に色分けされて、評価が表示ひょうじされています。

 

また、その下には「有酸素運動による体力レベルは・・・」という説明文がえられています。

 

Fitbitアプリのフィットネス解説文

 

 

「フィットネス量を増やすことで上がる可能性」について見てみよう

 

次に、フィットネス量を増やすことで、効果こうかが上がる可能性かのうせいについて見てみましょう。

 

下の画面の赤枠かこった箇所を左にスワイプしてみます。

 

Fitbitの有酸素運動画面

 

スワイプすると、下の画面が表示ひょうじされます。

 

Fitbitアプリのフィットネス量グラフ

 

この画面では、今の自分のレベルとフィットネス量(エクササイズ量)を増やすことで向上する可能性が表示されています。

 

その下半分には、「運動中の負荷ふかを増やしましょう〜」というアドバイス文が書かれています。

 

フィットネスと体重の関係を見てみよう

 

次は、体重が変われば、どれくらいフィットネス評価が変わるのかを見てみます。

 

下の画面の赤枠部をさらに左にスワイプしてみてみます。

 

Fitbitアプリの有酸素運動画面

 

スワイプすると、今の自分のレベルと「〇〇kgの目標での向上の可能性」が表示されます。(下の画面)

 

「○○kg」は目標とする減量後の体重で、その値は自分でFitbitアプリに入力します。

 

Fitbitアプリのフィットネス量グラフ

 

体重を落とすと、フィットネス量の評価が上がることが分かります。

 

さて、ここまで、自分のフィットネス量の評価はどれくらいなのか? その評価がびる可能性は? 体重と評価の関係は? を見る方法を説明してきました。

 

フィットネスに対して、やる気芽生めばえてきましたでしょうか?

 

続いては、補足ほそくになりますが、プロの運動選手はどれくらいのフィットネス評価なのか?について書いておきます。

 

また、評価計算のもとになっている心拍数に関しても、説明しておきます。

 

そして、最後に、個別こべつのフィットネス(ウォーキング、ランニング・・など)における消費しょうひカロリーの変化グラフなどを見る方法について説明します。

 

現在、Fitbit社の製品で、心肺しんぱい機能に関するフィットネスデータを記録できる製品は、Alta HRの他に、Versa2、Versaライトエディション、Ionic、Charge4、Inspire HRなどがあります。

(2020年4月時点)

 

参考)Fitbit Alta HRのサイズは、FitbitのHPホームページによると「Smallサイズが手首周囲140mm~170mm、Largeサイズが手首周囲170mm~206mm」です。

 

 

 

 

プロの運動選手は、どれくらいのレベルなのか?

 

次は、ちなみに、プロの運動選手はどのくらいのレベルなのか?を見てみます。

 

これを見てしまうと、逆にフィットネスをやる気せてしまうかもしれませんので、あくまでも参考として読んでください。

 

やる気せそうなかたは、読み飛ばしてください。)

 

下の画面の赤枠部左にスワイプします。

 

Fitbitアプリの有酸素運動画面

 

スワイプすると、下の画面が表示され、米国マラソン記録保持者ほじしゃ:ライアン・ホール選手のフィットネス量レベルが出てきます。

 

Fitbitアプリのフィットネス量グラフ

 

さすがに、一般人とはレベルが違いすぎますね。

 

あくまでも、参考程度ていどに・・・

 

フィットネス評価の元となる「心拍数ゾーンの時間(分)」を見てみよう

 

次は、「有酸素ゆうさんそ運動によるフィットネス」の評価を計算するもとになっている「心拍数ゾーンの時間(分)」について見ていきましょう。

 

下の画面右上の赤枠部タップしてください。

 

Fitbitアプリの有酸素運動画面

 

タップすると下の画面に戻りますので、赤枠部左へスワイプします。

 

Fitbitアプリの心拍数画面

 

スワイプすると、下の画面のように「心拍数ゾーンの時間(分)」のグラフが表示ひょうじされます。

 

Fitbitアプリの心拍数グラフ

 

このグラフは、過去1ヶ月間の「脂肪燃焼ねんしょう」運動、「有酸素運動」、「ピーク」運動の各時間を棒グラフであらわしたものになります。

 

「脂肪燃焼」「有酸素運動」「ピーク」が心拍数にして、どれくらいの値なのかについては、後で説明します。

 

このグラフを拡大するには、下の画面右上の赤枠部タップしてください。

 

Fitbitアプリの心拍数画面

 

タップすると下の画面のようにグラフが拡大されて、1ヶ月間の運動時間の合計も表示されます。

 

Fitbitアプリの心拍数グラフ

 

 

 

心拍数でみる「脂肪燃焼」「有酸素運動」「ピーク」とは・・・

 

では、先ほど登場とうじょうした「脂肪燃焼ねんしょう」「有酸素ゆうさんそ運動」「ピーク」が、どれくらいの心拍数をあらわしているのかを確認する手順について見ていきます。

 

まず、Fitbitアプリのホーム画面に戻っていきます。

 

下の画面右上の赤枠部タップしてください。

 

Fitbitアプリの心拍数画面

 

下の画面に戻るので、さらに画面左上の赤枠部(<戻る)をタップしてください。

 

Fitbitアプリの心拍数グラフ

 

下の画面のようにFitbitアプリのホーム画面に戻ってきます。

 

ここで、この画面左上の赤枠部タップしてください。

 

Fitbitアプリのダッシュボード画面

 

タップしますと、下の画面のように「アカウント」のページになります。

 

Fitbitアプリの心拍数画面

 

この画面をスクロールしてもらうと、下の画面のように「心拍数ゾーン」という所がありますので、そこをタップしてください。

 

Fitbitアプリの心拍数画面

 

タップしますと、下の画面のように「心拍数ゾーン」のページになります。

 

Fitbitアプリの心拍数画面

 

この画面を見ますと、

 ・心拍数83〜116が、「脂肪燃焼」ゾーン

 ・心拍数116〜141が、「有酸素運動」ゾーン

 ・心拍数141〜が、「ピーク」ゾーン

だと分かります。

 

(この心拍数の幅は、年齢や性別によって違ってきます。)

 

以上が、心肺しんぱい機能のフィットネス評価をFitbitアプリで確認する方法になります。

 

フクロウくん
フクロウくん
こういったグラフでフィットネスの目標を立てて、自分の好きな運動から始めてみませんか?

 

続いては、個別こべつのフィットネス(ウォーキング、ランニング・・など)における消費しょうひカロリーの変化グラフなどを見る方法について説明していきます。

 

現在、Fitbit社の製品で、心肺しんぱい機能に関するフィットネスデータを記録できる製品としては、Alta HRの他に、Versa2、Versaライトエディション、Ionic、Charge4、Inspire HRなどがあります。

(2020年4月時点)

 

参考)Fitbit Alta HRのサイズは、FitbitのHPホームページによると「Smallサイズが手首周囲140mm~170mm、Largeサイズが手首周囲170mm~206mm」です。

 

 

 

 

スポンサーリンク

3.個別のフィットネスでの消費カロリーグラフなどを見てみよう

フィットネス(運動)をしている人

 

最初にも書きましたが、Fitbitアプリ&デバイスでは、

 

・ウォーキング

・ランニング

・野外サイクリング

・クロストレーナー

・スポーツ

・エアロビックワークアウト

自動的に判別はんべつする機能を持っています。

 

そして、これらの各フィットネスごとに消費カロリーの変化グラフなどを見ることができます。

 

その方法を説明していきます。

 

まず、Fitbitアプリのホーム画面で下の図の赤枠部(「週間目標」もしくは「やりました!」の箇所)をタップしてください。

 

Fitbitアプリのダッシュボード画面

 

タップすると、「運動」のページが開きます。(下の画面)

 

Fitbitアプリの運動ページの画像

 

このページには、日々ひび行った各フィットネスが表示されています。

 

(上の画面の赤枠の例では“ウォーキング”が表示されています。)

 

そのフィットネスが行われた日付(または曜日)、時刻、時間、消費したカロリー、平均心拍数などの記録が表示されています。

 

これらのデータをもっとくわしく知りたい場合は、下の画面における赤枠部青枠部(>)をタップしてみます。

 

Fitbitアプリの運動表示画面

 

タップすると、心拍数ゾーンの時間、心拍数の時間経過けいかがグラフで表示ひょうじされています。(下の画面)

 

Fitbitアプリの運動表示画面

 

さらにスクロールすると、消費カロリーの変化グラフが表示されています。

 

Fitbitアプリの運動表示画面

 

さらにスクロールすると、歩数や消費カロリー、アクティブな時間(※2)しめされています。

 

Fitbitアプリの運動表示画面

 

これらのグラフなどを見ることで、自分のフィットネスをり返り、今後のはげみになればと思います。

 

(※2:アクティブな時間とは、ある決まった時間以上続けてフィットネスを行うとカウントされる時間のことです。

この決まった時間は、自分で設定することができます。

例えば、私の場合、ウォーキングだったら12分以上続けるとアクティブになるように設定しています。)

 

 

スポンサーリンク

まとめ

 

要点まとめ

Fitbitデバイス&アプリを使うと、自分のフィットネス量をグラフで見える化できます

 ・今の自分のフィットネスレベルを知ることができます

 ・これからの目標レベルを知ることができます

 ・個別こべつのフィットネスにおける消費カロリー変化などをグラフで見ることができます

 

現在、Fitbit社の製品で、心肺しんぱい機能に関するフィットネスデータを記録できる製品としては、Alta HRの他に、Versa2、Versaライトエディション、Ionic、Charge4、Inspire HRなどがあります。

(2020年4月時点)

 

参考)Fitbit Alta HRのサイズは、FitbitのHPホームページによると「Smallサイズが手首周囲140mm~170mm、Largeサイズが手首周囲170mm~206mm」です。

 

 

 

おわり